2021年3月25日木曜日

春本番

 例年は4月になって見つけるアズマイチゲの花だけれど、この冬が暖かかったせいか早くも花が開いている。

 


 16日には最初の一輪が咲いていた。気温が上がるとともに一輪が開き、夕方になると花を閉じた。



 春のクラフトイベントに向けいくつかの時計を製作してきました。といっても、コロナの感染がまたまた広がってきてイベントもどうなることやら。
そんな時計の一つが、この度新居に移られる方に気に入っていただいて 使われることになった。長年温めていたエンジュの木を使った置き時計である。




   

   

2021年2月13日土曜日

今年も福寿草が開花

  今年の冬はやはり暖かい。数日前に積もった雪もたちまち大方融けた。
一日中氷点下という真冬日はほとんど無いし、今日も3月並みの陽気。

福寿草もすっかり春の気分だ。

 

数日前






一時の積雪





感染症も春めいてきて下火の様相も見えますね。
春のクラフトイベントはどんな具合になるのでしょうか。

 



 

 

2021年1月13日水曜日

積雪

 そろそろかなと思っていたが、積雪の朝。10cmほど。


 

2021年1月1日金曜日

今年もよろしくお願いいたします。

 あけましておめでとうございます。
昨年はコロナウィルスに撹乱され、社会のあり方を考えさせられる一年でした。年が変わってもまだまだ厳しい世相が続きそうです。
足元を見つめ直し、「もっともっと」でなく、足るを知る生活を大事にしていきたいと思っています。

年の暮れの積雪は大分消えた

 


2020年11月14日土曜日

十二支

 干支(十干・十二支)のうちの十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)はをかつては時刻や方角を表す表現としても使っていましたが、そういう習慣が薄れた昨今では「草木も眠る丑三つ時」 といわれても正確な時刻はピンときませんね。年賀状の季節になると話題になるくらいでしょう。

十二支の時刻を表示した時計を作ってみました。先日の八ヶ岳自然文化園の出店で披露しました。時計の文字板は12時間周期なので、24時間を12に分けた十二支の時刻表示にはしっくりしませんが、昼と夜の時刻表示を重ねて対応しました。子の刻は真夜中、午は昼飯の時間ということになります。正午という表現は今も使われますよね。



 文字はトリマーで彫り込んだあと、黒檀の木を埋めましたが、あまりにも大変なため、2つ目はサンディングで作った粉を飯粒で練った木屎(こくそ)で埋めました。他に使った木はクルミ、ブラックウォールナット、マユミです。

 



 写真では違いがわからないかもしれませんが。