2020年3月29日日曜日

また雪

早朝、雨が雪に変わって、

この後も降り続き、積雪20cm近く。

2020年3月26日木曜日

早い春

 深山工房の林の春はアズマイチゲから始まります。 今日、気温の上昇と青空に誘われたのでしょう、アズマイチゲが花開いていました。ポツリと二輪咲いているのを見つけました。

ちょっと前から咲いている園芸種のスイセンも春一番の花。


さて、この冬製作の時計をまた一つ。
エンジュの樹皮付きの面白い板があったので、そのまま時計に仕上げました。
 時針、分針と数字の文字はマユミの板の切り出し。

壁掛け用のキーホールは板に直接掘り込みです。
深山工房としてはオーソドックスなスタイルです。

2020年3月20日金曜日

クマヤナギの時計

 桜の便りが聞かれる陽気だと思ったら寒気が流れ込んで、このところ寒暖の差の激しい陽気が続いていますね。久しぶりの雪景色だと思ったら、ここ3〜4日毎朝のように雪景色です。

 先日は木の小枝がしなるような湿雪でしたが、
昨日は1cmほどの積雪、氷っぽい硬い雪。

今朝は乾いたうっすらしたアラレ雪。

昼間は陽の光でほとんど融けてしまいますが。


この冬は時計のバリエーションを楽しんでいます。
クマヤナギの蔓性の木を使って時計を作ってみました。
クマヤナギは樹木に絡みつき、大きな木を枯らしてしまうほどの厄介な木ですが、曲げ木をしてカンジキにしたり、 幼木をかご編みにしたりして使われます。
 今回は曲げ木をして枠に組んだクマヤナギに相欠き加工をして、そこに文字板にしたクルミの板をはめ込みました。数字の文字と針は黒檀の削りだしです。


ムーブメントの高さがクマヤナギの枠に合わないので、木製の吊り具と枕の木で高さをあわせて壁に吊るすようにしてあります。

どんな部屋にあうでしょうか、物好きな方に使っていただけるかも?


2020年3月15日日曜日

久しぶりの雪景色

 すっかり春の気分になりかけていたところに昨日は久しぶりの積雪。気温は低い朝でしたが、青空が気持ちよく、雪かきに汗を流すのはちょっとした運動になりました。


梢に積もった雪の塊が頭にボソッなんてことも。


去年は桜を見に行った4月に雪に降られたし、暖冬とはいえ、今年もまだ何回か雪は降ることでしょう。


新型コロナウィルス騒ぎで世の中は大変ですが、普段あまり人混みに出ない我が家は落ち着いた常日頃と変わらない生活で、いくつか新しい時計も作っているので、少しずつ紹介します。

まず、楕円の掛け時計です。
面白い木目の欅の板があったので、楕円に切り出して文字板にしました。楕円の形は材料の良い部分を最大限活かそうとした結果です。全体として細長くなりすぎたのと、ケヤキが薄い板だったのでバックにクルミの板を重ね、ふっくらした形にしました。
文字は定番のように黒檀を切り出して貼り付けています。


裏はクルミの板にキーホールを加工して、本体を壁に取り付けた木ねじに吊るす構造です。写真は梱包用の箱に裏返して載せています。



2020年3月9日月曜日

小泉山

 晴天と暖かい陽気に誘われて、日頃の運動不足を解消に近くの山に散策に行ってきた。
諏訪盆地に向かって 標高を下げる八ヶ岳の西の裾野にぽつんと頭を持ち上げた山が2つある。大泉山(おおずみやま)と小泉山(こずみやま)だ。なかでも小泉山はいくつもの集落に囲まれ、たくさんの道がつけられ、近隣の人々に親しまれている。昔から続けられてきた集落の行事も多い。
中沢(なかっさわ)からの登山路と上古田(かみふった)からの道は何度か登ったことがあるので、今回は粟沢口(あわざわぐち)から登ることにした。



山頂までゆっくり一時間弱の上り。所々に地域信仰を思わせる石碑がある。



途中のピークに大きな穴が掘られていて、何かと思うと富士山の火口を模して掘り下げたものだ。中に石碑の宮が設置されている。
 
山頂は樹林の中ですっきりした展望とはいいがたいが、木の間越しに、八ヶ岳、南アルプスなどが望め、青空の中に富士山もくっきり見ることができた。


 コロナウイルスのおかげでこのところ憂鬱な日々の中でちょっとの気晴らしと体力錬成だった。

2020年2月13日木曜日

整理棚など

 20年ほど前に作った整理棚、薬箪笥風にと思って作ったものの、抽斗を作るのが面倒で、単なる棚として使っていました。工房の性格から収納物が埃だらけになっていたので、テーブル製作の仕事が片付いたのを機会に重い腰をあげて、沢山の抽斗を作りました。ついでに適当に置いていたものを整理し直しました。


棚の本体はブラックウォールナットで家具作りを始める時、一番に購入した材でした。抽斗は我が家の敷地のハンノキです。
中の物がわかりやすいように、前板を透明板にしました。奥行きが小さくて入り切らない長いものを入れたいところは、あえて透明板をつけてありません。
 少しは作業効率があがるでしょう。

これも一段落ついたので、先日頼まれた陶器の器を飾るという台を仕上げました。
板は預かったキハダの板2枚ですが、深山工房周辺にあるキハダと同じ表情の木目でした。



板をそのままカンナをかけ、小口を気持ち斜めにカットして小さな面をとっただけですが、木に表情がありますね。器を載せたらどんな感じなのでしょうか?


2020年1月27日月曜日

お手伝い

椅子2脚を制作されているOさんが足まわりの加工が済んで組み立てをするというので、組立作業を手伝いました。仕口の加工では、四方転びにしたので足のホゾが複雑になり、苦労されたようです。


二回に分けて組み立てようかとも考えたものの、いろいろ検討の結果一度に組み立てることになりました。3人で組み立て、ほっと一息入れたところで、ハタガネが入り乱れています。

 一脚目の乾燥を待って2脚目も同様に組み立て、どうにか形になりました。


 持ち帰られて、これから座板の加工と取り付け、背板と後ろ脚の嵌合の加工と、まだ作業の楽しみが残っています。完成の姿を拝見するのが楽しみです。


2020年1月22日水曜日

福寿草

 大寒を過ぎたばかりだというのに低気圧が次々とやってきて、ここ原村深山でも真冬日が殆ど無いという陽気。暖かいのは助かるけれど、このような気象変動は不気味です。

この暖かさで、我が家の福寿草がいくつも花を覗かせています。


時々降る雪もすぐに消えかかります。普通の年なら、家の周りの林は雪が積もっていて、のんびり読書で過ごす季節なのですが、今年は外仕事に精を出したりです。そんなわけで、懸案だった駐車場にしている場所の枯れ枝の落ちるハンノキを伐採することにしました。

とりあえず、除雪などの障害になる部分を始末して、あとは少しずつ整理ですね。






2020年1月2日木曜日

初仕事

新年あけましておめでとうございます。
元旦の原村は穏やかな日和に恵まれ、初日の出も眩しく、このような一年であったらと思います。新しい雪を被った八ヶ岳も青空を背景に荘厳です。






 地元の津島神社にお参りに行ってきました。境内に原村の樹に指定されているヒメバラモミがありました。低いところに出ていた枝に松かさがついていて、その小ささと刺々しさに名前の由来を認識してきました。





さて、
そろそろ退屈の虫が騒いできたので、体を動かしたいと、時計の文字板の試作をしてみました。ウォールナットの木っ端に文字をデザインします。



 文字板に数字を表現するのに、立体感を出そうと文字を切り出して植え付けるという
ことを好んでやっているのですが、


時計が小さくなってくると、文字の大きさも小さくなってきます。
小さい文字は切り出すのが難しくなってくるので、他の方法を採用しています。

丸棒を打ち込んで文字にしたり、


文字を彫り込んで染めたり、、、




作品の方は、イチイの丸太の時計を小さな木で作り始めています。イチイは日が経つに従って色が濃くなってくるので、それを考慮して、白い数字の文字にしたいと思い、試作の方はウォールナットの木に 白い文字を入れる方法を試してみました。最初の画像です。
数字はトリマーのφ1ミリのビットで彫り込みます。こんな細いカッターで加工するのは初めてで、すぐに刃先が折れないかと心配でしたが、一度に切る深さを少なくすることで意外とスムーズにいけました。
この溝に、パテを埋め込みます。パテは、マユミの木の削り屑を細かい篩でふるった粉を木工ボンドでペースト状にしたコクソを使います。マユミの木の白さが木地の濃い色に映えます。
この方法を使った時計を春にお目にかけられる予定です。